So-net無料ブログ作成

CINEMA 巨匠祭り 撮れんのか! [DVD]

と、頭の中でPRIDEのイベント名をパロディにしたサブタイトルを
勝手に付けながら見てたDVDがこれ。

『それぞれのシネマ』
cinema.jpg

カンヌ映画祭を記念して、世界の監督が
映画館をテーマにした短編を撮ったオムニバス映画。
北野武の『素晴らしき日々』は、『監督ばんざい!』の同時上映で見てて
本編よりこっちの方が好きなくらい。

このDVDには34作品が集まってるんだけど
それぞれのノリや味が凝縮されてて監督の万博状態。
少しずついろんな短い作品が見られる
こういう飲茶状態の映画って好きなんだよねえ。
家で映画見る時って、結構集中力散漫になりがちだからってのもあるけど。

一回見ただけじゃ「???」なのもあったけどそれもまた個性。
ブックレットの解説で脳内フォロー。
映画館がテーマだから、ストーリー云々より
国や街で違う館内の雰囲気を見るのが楽しかったし。

デヴィッド・リンチの『アブサーダ』、シュールでサスペンスでコワイ!
ガス・ヴァン・サントの『ファースト・キス』、映画の中の美女とラブラブなんて中学生男子かい!
ウォン・カーウァイも『君のために9千キロ旅してきた』ってタイトルからして、男の乙女チックワールド。

ナンニ・モレッティの『映画ファンの日記』は、いろいろな映画館の席に座って
映画の思い出を話してて、これがユーモラス。この監督の他の映画見たい!
ロマン・ポランスキーの『エロチックな映画』、オチが笑える〜。
ダルテンヌ兄弟の『暗闇』は、これからドラマが始まる感のある
いい意味で思わせぶりな作品。
デヴィッド・クローネンバーグの『最後の映画館における最後のユダヤ人の自殺』は
自殺しようとする男の様子を中継していて
場面転換や決定的瞬間はないんだけど、緊迫感No.1!

映画館がテーマでも、登場人物が場内に入らない作品もあった。
ウォルター・サレスの『カンヌから5557マイル』は
映画館の前でカンヌまでの遠さをラテンなノリで歌ってるし
ケン・ローチの『ハッピーエンド』は、お父さんと息子が切符売り場で
どれを見ようがさんざん迷ったあげく、映画は辞めて
サッカーを見に行くという、とってもイギリスなオチ。
ケン・ローチの映画って、現実を叩きつけられて、
後味の苦さがズッシリくるんだけど(そこが見ごたえでもあるけど)、
これはユーモアがあって気楽に見られる。

34本中のMy Favoriteは、北野、モレッティ、クローネンバーグ、ローチかな。
また次に見たら変わるかもしれないけど。

このDVD、コーエン兄弟の作品は権利の都合で収録されていないとか。
そのうち完全版とか出たら暴れる予感大(笑)

共通テーマ:映画

箱の中からフェリーニマジック [DVD]

box.jpg
フェリーニの『8 1/2』がようやくDVDになったよ。
海外では発売されてたけど、字幕なしのイタリア語じゃ
分からないし、日本版を待ってたっての!

まずはドキュメント『ロスト・エンディング』と予告編の入った特典ディスクを見た。
フェリーニ、思ってたより声高い!
勝新やベネチオ・デル・トロ系の低い声を勝手に想像してから
随分ギャップあるなあ。(フェリーニに「知らんがな!」とツッコまれそう。)

最初、この映画のラストは、白い衣装を着た出演者達が列車に乗っている場面だったけれど
予告編用に撮ったみんなで輪になる場面の方がいいとなって、
本編用に再び撮影して今のラストシーンに使われたそうで。
列車の場面のフィルムは残ってなくて、写真と効果音、関わった人達の証言から、
幻のラストシーンを探る、いうのがこのドキュメント。
そんないきさつがあったとは。

今ならDVD用に残しておくと思うけど、昔の映画は捨てちゃったケースが多そう。
オーソン・ウェルズの『上海から来た女』も今見られるのは90分台の作品で、
ウェルズが希望した長尺バージョンはないし。(見てみたかった!)
最近の作品はエンディング違いも収録されるし、逆にこれからは
幻が少なくなくなりそうだけど、それはそれでファンタジーな面が減るのかも。

フェリーニのDVDは全作ではないけど、いろいろ出ているのに
『8 1/2』が出てなかったのは(権利関係が複雑だった模様)
適当じゃない高田純次、英語を使わないルー大柴&長嶋茂雄
千葉真一のマネをしない関根勤のようなもの、
絶対ありえない!ってことなのデス。
あっ、『アマルコルド』『インテルビスタ』も発売希望!

共通テーマ:blog

私はパイソン人になりたい [DVD]

ここのところ『モンティ・パイソン』のDVD BOXを見てるんだけど
ようやく4枚目の真ん中あたりまで来た。(全部で7枚)

知ってるネタでもやっぱり笑えるし、
あー、これもあったあった!!というのもまた新鮮。
スケッチ(=コントのこと)のタイトルのデザインも凝ってて
モノクロのスパイ映画風タイトルロールとか(『ザ・ビショップ』のスケッチ)、
スペクタクル史劇映画風の石っぽいデザインとか、雰囲気出してていちいち芸が細かい!
それなのに、中味のバカバカしさとギャップの激しいところがパイソン流!

で、見てて感じたんだけど、癒されるんだよねえ。
オフィスの窓から人が次々と飛び降り自殺して、今度は誰が落ちてくるかを賭けたり、
オーケストラの"美しき青くドナウ"に合わせて奏者が次々が爆発したり、
ブラックジョークがメチャメチャ効いてるスケッチ満載なのに。

今までパイソンはシニカルでブラックなところが面白いと思ってて、そこへ癒しが加わるとは!
30年くらいパイソンファンやってるけど、こう感じたのは初めてだなあ。いやー、奥深いや。
もう、心のバイブル、魂の故郷。棺桶に入れたい物ランキング1位は揺るきません。
もし"モンティ・パイソン"という国があったら、永住して、そしてパイソン人になりたいくらいだよ!

共通テーマ:blog

FはフェイクのF [DVD]

この前買ったF-1のDVDを見たので感想を。
Formula-1じゃなくてFake-1ね。
コレ→http://blognumber93.blog.so-net.ne.jp/2008-03-05

テレビや生で見た試合もあるし、ネタは知ってるから、
最初に本編見た時はリアルタイムの強烈なインパクトには少し足りなかったけど
武藤・神奈月の副音声を聞きながら2度目見たら面白さ倍増!
お笑いとプロレスの共通点を語ってたのが興味深かったなあ。
ビッグマッチと地方の試合、テレビと営業の笑い、
それぞれ見せ方が違ってくるとか。

1戦目のイジリー@三沢、お客さん、のっけから大「三沢コール」。
さすがプロレスファンはシャレが分かるねえ。
イジリー、リングアナにコールされて手を挙げる→タイツを直す仕草が細かいっ!!
試合で相手と対峙した時、人差し指で汗拭く"ワイパー"も登場!
エルボーの威力は1億分の1だけど。
改めて気づいたんだけど、この試合の芸人勢、ノーしゃべりだったんだよね。

Fake-1ベルトが出来たのが2戦目、原口@蝶野&天山タッグ戦。
当時、蝶野と天山は敵対してたから、実はこの試合ならではのタッグ。
原口、芸人勢の中では一番運動神経がよかった。
もちろんモノマネ対決あり、技の掛け合いも健闘したり
この試合が一番完成度が高いなあと思った。
天山も神奈月から振られる陽水や新庄のモノマネに挑戦したり、
新日の試合じゃ絶対見られないって!
試合後のコメントも「蝶野とは組みたくなかったんだけどね」って
案外シャレの分かる人かも。

3戦目のダチョウ倶楽部・竜ちゃん@大仁田、
入場曲が別の曲になってたのがちょっと残念!
(権利関係で使えないんでしょうね。)
現場での大盛り上がりを体験した身としては、入場曲も含めてこそ
あの熱狂的興奮が伝わると思っちゃうんだよねえ。
登場した瞬間の会場の沸き方、あの熱気はスゴかったー!
リーダー肥後さんのジャンボ鶴田のマネ、武藤さん副音声でしきりに褒めてた。
でも竜ちゃん@大仁田はキモチワルイって(笑)
あのヘナチョコムーブがいいんだけどなあ。
メンバーの熱々おでんの誤爆、
さらにタッグパートナーの渕さんからも熱々おしぼりのダメ押しと、
お約束、いや、受けの美学の一戦でしょう。

4戦目のザ・たっち@健介w/北斗は
ザ・たっちの有体離脱ネタも登場したり
北斗の投げキッスでみんな(レフリー、セコンド含む)倒れたりと、
一番バラエティ色が強かった!
健介・北斗もバラエティで知られてるし
この試合はプロレス知らない人にもとっつきやすいんじゃないかな。
北斗のメイク、雰囲気出てるなあと思ったら
本人にやってもらったそうで、どうりで。

特典映像は、神奈月のライブから。
ハンセン、ブロディetc.数々のレスラーのモノマネと(前田日明は絶品!)
武藤さんがゲスト出演した模様と、プロレスものが入ってて
見終わった時、一瞬「あれ?コレ、神奈月のDVDだったっけ?」と思ったよ。(笑)

このF-1、一番楽しんでるのは、芸人勢、お客さん、
いや、絶対、武藤社長でしょう!
武藤@神奈月の動きに合わせてリングインする姿が
ホント、楽しそうなんだよねえ。
エンターテイナーとして、自分を楽しませるのも上手な人だなあ。

共通テーマ:blog

ツカミ、OK過ぎ! [DVD]

仕事の移動の合間にプロレスのDVDを購入。
『ものまねプロレス軍団vs全日本プロレス 
F-1タッグチャンピオンベルト争奪史』
F1.JPG
コレ、楽しみにしてたんだよ〜。

パッケージのステッカー見た瞬間、声出して笑いそうになったよ!
obi.JPG
本編見る前に、既に心の中でウケまくり。
このモノマネ姿だけで疲れ取れた気分だよ。ヒーリング効果?
ザ・たっちの北斗、似てるよ〜。動いてる姿が早く見たい!
大仁田byダチョウ倶楽部の竜ちゃんは
生で見に行ったからあの感動を再び。
蝶野by原口はテレビで見たけど、息づかいのマネ、細かいんだよねえ。

武藤さんのスゴイところは、本流と違ったこういうプロレスをやっても
本人のブランドの価値が変わらないこと。
むしろ、こういう世界も取り入れるシャレが分かって
ゆとりがあるってことで、価値上がってるところがサスガ。

芸人サイドも、プロレスが好きでモノマネしてるのが
ビシビシ伝わってくる。レスラーも芸人もプロレスLOVEですやねえ。

すっごい見たいけど今週は見る時間ないよー。
一気に見たいからチラ見もしないつもり。
あ〜、早く忙しい波が引かないかなあ。
モーゼの十戒みたいに滝まっぷたつでもOK!

共通テーマ:blog

Can't Stop Monty Python [DVD]

mp.jpg


先週買った『モンティ・パイソン"日本語吹替復活"DVD BOX』を少し見る。

これ、パイソンマニアにはたまらない逸品なんだよねえ。
東京12チャンネル(←テレビ東京の昔の名前)で放映してた時の
日本語吹替版が最高で、当時(70年代後半)見てたファンにとって
このリリースは感涙モノ。

数年前にもDVD BOXは出たんだけど、それは字幕版。(当然購入。)
吹替版の音声は残ってないと言われて、幻の存在だったのです。
映画版の『モンティ・パイソン・アンド・ナウ』では吹替が聞けるんだけど
リアルタイマーとしては、「当時テレビで見たあの吹替も見たい!」というワケ。
ファンが録画して持ってたビデオから復活したとか。ビバ、マニア!
これは、DVDというカタチをした奇跡なのだ。(と言いたいくらいうれしいんだってばさ。)

30年ぶりの吹替版との対面、懐かしさと感激で
ちょっと泣くかと思いきや、ガハガハ笑いっぱなし。
覚えてるギャグなのに、鮮度も威力も変わらないのがスゴイ。
ほっといたら延々見ちゃいそうだよ!
『24』ばりに次々見たいって!(ひとまず2話分まで鑑賞。)

BGMの版権の都合や、当時のオンエア時にカットされてるところは
吹替がなくて字幕になる、ということだったので
ちょっと見づらいのかな?と見る前は気になってたんだけど
見始めたら「当時はここがカットされていたのかあ。」と冷静に見てたり、
「吹替の声も本人の声も聞けて一石二鳥!」と出てくるもの何でも喜んでたり、
つくづくパイソン好きを自覚。

こうなったら、東京12チャンネルで放映されてた時にあった
今雄二や秋川リサのトークや、タモリのコーナーも見たいぞ!


共通テーマ:blog

英国ジョークは心の故郷 [DVD]


前から気になってた『リトル・ブリテン』をレンタルで見た。
(まだファーストシリーズのVol.1だけど)
いやー、こりゃ『モンティ・パイソン』育ちにはたまりませんな!
ギャグのシニカルな切れ味も、イギリス英語の響きも、なんだか懐かしい気がしたなあ。

マジメな顔でおバカなことをやるノリに「おおー、イギリスっぽいな〜」
本人(キャラ)が真面目なほど、おかしさが増すという。
『モンティ・パイソン』もそうだったけど、権威を笑うギャグも結構ある。
生徒に厳しい先生が、実は一番ダメダメだったり。
あと、オカマ・ゲイキャラも多いよねえ。
自分をレディだと思ってる女装のエミリー、町唯一のゲイ(だと思ってる)ダフィド、
首相に恋する補佐官セバスチャンあたりは、英国版・おネエMANSがあったらレギュラーにしたいッス!
エミリー見てたら、STONESやQUEENの女装を思い出したよ。英国文化の伝承?

『モンティ・パイソン』は映画や歴史や文学etc.アカデミックなネタも多くて、
元を知らないとピンとこない所もあるけど(逆にそこが勉強にもなるんだけど)
『リトル・ブリテン』の方は、どこかにこんなヤツいそうだよなあ
というのをデフォルメしてるから、とっときやすいと思う。

アメリカのコメディも好きだけど(『オースティン・パワーズ』大好きだし
『俺たちフィギュアスケーター』見たいし)
やっぱりイギリスのコメディは水が合うなあ、とあらためて感じたねえ。
イギリスのギャグって、ノリだけの一発芸や単なるバカ騒ぎにはない、
あの鋭い見方が好きなんだなあ。
ドリフや欽ちゃんやひょうきん族が笑いの学校なら、
イギリスのコメディはホームステイ先、心の故郷ということで!



共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。