So-net無料ブログ作成

女子プロレス goes on [プロレス]

4.29スターダム@両国国技館に行きました。
当日券で行こうと発売時間をチェックしようと公式HPを見たら
なんと、当日券は¥1000up!
「¥1000あったら、レディースディなら映画見れるし、
新書買えるし、週プロなら2册買えるし、チロルチョコなら何十個?」
と思ったけど、スターダムは一度見てみたかったのと、
これを逃すと見れない、ゆずポン引退試合なので、やっぱり行こうと。

席は2階の角でリングは見やすかったけれど、
ビジョンがすごく見づらかったのが残念。
せっかくの煽りVが、もったいない。
もし次があれば、どの席からも見えるようにして欲しいなあ。

…と、ぼやきはここらへんで、試合の感想を。

豊田真奈美vs脇澤美穂のコールが今井リングアナ。
「うわー、粋な計らい!」と喜んだのは
フジテレビの全女テレビ中継の懐かしい顔合わせだから。Back to 90s!
安定感と高揚感のあるコールに、こっちも盛り上がるわ。
豊田に憧れていたワッキーという物語が
2013年になっても見られるとは、プロレスって巡り会いだなあ。

楽しみだったのは彩羽匠のデビュー戦。
93年生まれの彼女が、長与千種に憧れてプロレスラーになった
というクラシカルな入り口が新鮮だし、
しかも対戦相手が長与の団体で育った里村明衣子とは、
(見る方の)全女育ちにはたまりません。
里村がスリーパーで決めたのは、彩羽がフォールを何度も返して
なかなかしぶといからかな、と。
決着がついても里村に食って掛かる負けん気の強さもあるし、
いい根性してます!これからが楽しみ。

宝城カイリ&翔月なつみvs木村響子&ヘイリー・ヘイトレッド、
紫雷イオvsアルファ・フィーメルの2つのタイトルマッチは
挑戦者のスターダム勢(前者)がベルトを獲ってハッピーエンドだったけど
物足りなさが残った。説得力というか、納得させ力が欲しかったかなと。
体格や年齢は関係ないと思う。
中西百重やチャパリータASARIは小柄だけど
このシチュエーションでも穫りそうだし、
レッスルマニアでクリス・ベノアが戴冠したのも感涙モノ。
宇多田ヒカルは16歳、スティービー・ワンダーは13歳でデビューだし。
イオの空中殺法は「スゴイ!女ミステリオだ!」また見たい!」と感じたし、
宝城&翔月のひたむきな姿も今ならではの良さがあると思うから
いつか自分が「こんな事書いてたけど、正直スマン」と言えることに期待。

アルファ・フィーメル、2階席からも分かるデカさ&ゴツさ!
あんな怪物な選手がいるとは、世界のプロレス人材は深いなあ。
もっと見てみたい選手だわ。
バラエティに出たら、女ボブ・サップののような感じになるかも。

ラストは愛川ゆずき引退試合。
対戦相手は、こちらも見るのを楽しみにしていた四IV虎。
キャリアも年齢も若いのに、全然そう見えない!
落ち着いてるというか、貫禄があるというか、
両国のメインという大役でも、見てて全然心配にならなかった。
威風堂々の19歳。AKBやももクロにいてもおかしくない世代ですよ。
ゆずポンのセクシーポーズを真似するおちょくりもウケた。
ラストマッチのゆずポン、華の人かと思いきや、
華も強さもある人だった。力強いキック系が印象に残った。

引退セレモニーで黄色い紙テーブがリングを覆うシーンを見ながら
「写真で見たキューティ鈴木の引退、白い紙テーブで埋め尽くされた
あれは名場面だったなあ。そういえば、去年の4月は植松さんが
引退したんだなあ」と思ってた。
リングサイドのカメラマンが紙テーブをかき分けて撮影してました。
ゆずポン、しゃべりはしっかりしてたけど、息継ぎで泣いてることがわかった。
涙を流しても、歌は乱れない美空ひばりの「悲しい酒」の如し。

これからの女子プロを担う若い選手たちがいること、
彼女たちの壁になる頼もしい中堅・ベテラン勢がいること、
それを体感できて、行ってよかった。
最初で最後のゆずポン観戦になってしまったけれど
彼女が引退しても、女子プロレスは続くから、
自分もファンとして続いていくんだなあと。
団体・フリーに関わらず、女子プロの火を
燃やし続けて欲しいと思った大会だった。

あと、2階席からの黄色い紙テープの眺めが
錦糸卵に見えたのは、ここだけの話。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。