So-net無料ブログ作成

目から栄養補給 [本]

100_3616.JPG

暑くて忙しかった夏に見ていた本のこと。
文字を読むのは好きだけど、仕事で原稿を書くために
テキスト画面に向かっていると、色味のあるものが見たくなるので
そんな時に効いたのがこの三冊。
ビジュアル・サプリメントといったところかな。

(左上)『純喫茶コレクション』は、新聞の広告でタイトルに惹かれて、
本屋で装丁にグッと来て、すかさず購入。
横長がチャーミングでビニールカバーがレトロな感じ。
昭和40年代の少女マンガの単行本にこういうカバー、
付いてたなあ。(When I was 小学生。)
この本、ブログを書籍化したそうで、そちらもブックマークしました。
自分は本からブログを知ることが多いなあ。ネコ関係とか。

行く店って決まってきちゃうから、知っていても
行ったことのない喫茶店もあるので、この本をガイドフックに
神保町の「神田伯剌西爾」へ行きましたよ。
名前は“ブラジル”とラテンだけど、内装は古民家の風情。
一緒に行った人も喜んでました。
音楽も鳴ってないし、オレンジ色の照明も落ち着くし、
と、書いていたらまた行きたくなってきた。
神保町でどこへ入ろうか迷ったら、
おすすめです!(←「シネマハスラー」の締めゼリフ風に)

東京だけじゃなくて、熱海、日光、弘前etc.地方の喫茶店も載っているので、
その土地に行ったら寄ってみたいなあと、喫茶ファンタジーがふくらむのも一興。
著者の方、普段はお勤めしていて、趣味で喫茶店巡りをしているそうで
地道な喫茶店愛で出来ている一冊だなあと。

そういえば、有楽町の「ストーン」、復活してた!
この前、閉店後のガラス越しに覗いたら
インテリアは変わっていないようだったので楽しみですぞ。

(左下)『I Love BEAR 愛しのくまキャラ』は、
特にクマキャラ好きというワケではないし
(カエルの方が好きかも。カーミットとか。)
買う予定はなかったけど、中を見たら面白そうだったので購入。
プーさん、リラックマ、ベアブリック、くまモン、
シュタイフ、ファーファete.全部で145のクマ大集合。
「くまキャラって、こんなにいるんだー」と感心。
『トイ・ストーリー3』のロッツォ、ディック・ブルーナの
ボリスやブラック・ベアがいるのがうれしい。
プロレスファン的には、武藤ベアーも載っているのがウケた!

(右)『Encyclopedia of Flowers—植物図鑑』 は、『BRUTUS』の紹介記事で見て
「なんだかきれいで凄そう」と思って書店で確認したら、やっぱり凄かった!
前半は黒バックにたくさんの花と、後半は白バックに一輪の花、
黒バックにアップ、というコントラストが美し〜。
生き物のオーラというか、きれいさを越えて迫力を感じたり
その中に切り花の刹那も感じたり。

撮影された花は全部、学名(ラテン語&欧文)と和名が
写真付きリスト&索引で紹介されているというアカデミック&親切編集。
この情報量(ページの厚さだけじゃなくて、中身の密度の濃さも全部)で
この値段は超サービスだと思う。
花の姿もいいけれど、名前を見るのも楽しいことに気づいた。
「グロリオサ」は、メキシコのルチャドールっぽいし、
「ストレリチア・ニコライ」RINGSロシアにいそうだし。
リングネームを考える時の参考にもなる一冊です!

共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。