So-net無料ブログ作成
検索選択

Endangered 喫茶店 [その他]

先月末、有楽町のレトロな喫茶店「ストーン」に
入ろうと思ったら閉まってた。
営業日&時間のはずなのに、臨時休業かな?と思いきや
ガラス窓はいつも見ない白いボードで覆われているし、なんとなく様子が違う。
張り紙もないのであとで検索したら、どうやら7月末で閉店した模様。
閉店したことはショックだし、全然知らなかった自分にもガックリ。
わりとよく近くを通っていたのになあ。

この前の新日@両国の帰りも、錦糸町でトマトラーメン食べて
駅前の喫茶店に行こうとしたら、飲み屋に変わっててビックリ。
去年の夏はこのコースだったのに、これにもガッカリ。

チェーン店だってガンガン利用してるけど
時々、老舗の喫茶店に行きたくなるのは、レトロな空間に浸って
タイムスリップ感覚が味わいたいからだと思う。
「ストーン」は、武道館や国立競技場に入った時のような
"あの感じ"があったんだよねえ。
もう、家にある本の中でしか見られないんだなあ。
久々に『MOD EAST』引っ張り出そうかな。
この本に載っている「ストーン」のミッド・センチュリーな
インテリア(石貼りの壁や床、流線型の白いイスetc)は、いつ見ても引き込まれるんだよねえ。
『東京の喫茶店 琥珀色のしずく77滴』
今年の春に出たのに、それから半年足らずで閉店とは残念すぎるわ。

"endangered species"(絶滅危惧種)という英語があるけど
喫茶店もそんな存在だなあ、とあらためて思ったわ。
もう何年も前から減っているのは分かっているけど。
夏に仕事で会津若松に行った時に入った2件の喫茶店は
どっちも明治時代の建物だったから、レトロを越えて一種の文化財ですよ。

明治村に移築された、フランク・ロイド・ライト設計の帝国ホテル中央玄関みたいに
「ストーン」のインテリアもどこかで保存して欲しいなあ。

共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。