So-net無料ブログ作成

棚橋劇場はJBのガウンショー [プロレス]

10.10新日@両国国技館で、内藤に勝ってIWGPを防衛した棚橋が
エアギター&マイクで締めてる姿を見ながら思ったんだけど
「これって、JB(ジェームス・ブラウン)のガウンショーみたい」

…と、言われてもピンとこない人のために軽く解説。

タナの場合
→防衛の余韻も、名乗りを上げた永田さんとのやりとりもつかの間、
 矢野にベルトを奪われたタナ。
 挨拶してバックステージに引っ込もうとすると、客席からコールされて
 リングに戻ってエアギター→「愛してまーす」のマイク。

JBの場合
→ショーの終盤、力を出し切ったJBに、もういいでしょう、とばかりに
 司会者?スタッフ?がJBの方にガウンを掛けて
 ステージ袖へ連れて行こうとするんだけど
 それを振り切って、またまたSong & Shout。

わかっちゃいるけど沸くところが約束、いや、エンタメ様式美。
まさか、タナとJBが繋がるとは
プロレスも音楽も止められませんな。(そんな気全然ないけど)

この日は、仕事場のデザイナーの女の子と久々にタッグ参戦したんだけど
あることに気づいた。それは、「私たち、テンコジ運がいいよね」
以前、全日に行った時は(2008.10.16)テンコジのタッグが見られたし。
今回はうって変わって敵対してるけど、それもまたテンコジ。
天山は、コジが新日に戻ってきたのが気にくわないと言っていて
目のあたりを踏みつけるエグい攻撃も(コジは目の負傷で欠場→これが復帰戦)
「コジへのメールにハートマークのデコメ使ってた天山はどこに行ったの?」って感じだったけど
私たちの見方は「天山、絶対、ツンデレだよね。」
「あそこまで攻めないと非情になれないんだよ!」と意見が一致。
テンコジのくっついたり別れたりは、平成の名勝負数え歌ですよ。




共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。