So-net無料ブログ作成
検索選択

存在感 VS 存在感 [プロレス]

hhh&undertaker.JPG

WWEのサイトをのぞいたら
アンダーテイカーとトリプルHの復活シーンがアップされてた。
USサイトは日本での放送より当然、情報が先だから
ネタバレしちゃうけど、自分は気にしないのでありがたく拝見。

HBKは引退しちゃったし、トリプルHは長期離脱だし、
ジェリコりんもいないし(また契約してくれないかなー。)
ベテラン味の足りなさと、NEXUS勢の集団行動あたりから、
Rawはあんまり面白くないなあ、と物足りなく思ってて
録画見ないで消しちゃうこともたびたび。
前回のシーンが入るから間空いても流れは分かるし。
(Smack Down!はデルリオさんとヴィッキー・ゲレロが楽しみなので
ちゃんと見てます。)

そんなところへ、テイカーさんとトリプルH!
いやー、この2人が登場すると、場が締まるわ!

アップされたシーンは、それぞれの入場→リング上で対峙→
レッスルマニアで対決?→お互い無言のアピール、という流れで10分くらいあるんだけど
その間、2人とも、ひとことも話さない!どつきあいもナシ。
音は入場曲(テイカーさんは鐘の音付き)と客席の歓声だけ。
でも、物足りなさ皆無。むしろオーラ、存在感でお腹いっぱい!
マイクが欠かせないWWEで、マイクなしで10分間魅せてくれるなんて
サスガ過ぎます!
10分って、「サザエさん」なら1話分。
1話中セリフのない「サザエさん」ってないもんね。

友達とプロレス話をすると自分は
「プロレスって存在感対決だと思う」って言う時があるんだけど
まさにそれが当てはまるこの2人。
見つめ合い、じゃなくて、にらみ合いに、シビレましたよ!
Raw: The Undertaker returns on 2.21.11 and meets Triple H
テイカーさんの白目に、よい子は泣いちゃうかもしれないので注意!
そんなテイカーさんがトリプルHの入場をじっと待つ姿に
奥ゆかしさを感じるのもまた一興。

共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。