So-net無料ブログ作成

オールド・トラッフォード・東京ドーム [その他]

プレミアリーグのマンチェスター・ダービー(マンチェスター・ユナイテッドvs
マンチェスター・シティ@オールド・トラッフォード・スタジアム)を見ていた時。
前半にユナイテッドのナニがゴールを決めて、チームメイトと喜んだ後、
その場でクルッと宙返りしたのを見た瞬間、思ったのは
「この選手なら、飯伏みたいな、その場飛びのムーンサルトができるかも!」
…何を見てもプロレスに結びついてしまうという。

「そういえば、デビちゃんはオーバーヘッドキックやるよねえ。
サッカーとプロレスって、通じる点あるのかも。」などどテレ朝で見た
新日@東京ドーム飯伏幸太vsプリンス・デヴィット戦を思い出してたら
後半でルーニーがオーバーヘッドキックでゴール。
ルーニーのキックもリング映えしそうだったし。スカウトしたいなー。

サッカー選手の中で最もプロレスに近い男といえば
やっぱりイタリアのガットゥーゾでしょう!
この前、チャンピオンズリーグのACミランvsトッテナムで
相手チームのコーチに頭突きしたニュース見て、
「ああ、ガッちゃん、健在だなー」と。

どうして健在かというと、2006年ワールドカップ・ドイツ大会の時、
自分のチームが点入れた時、狂喜し過ぎて監督にノド輪を決めたのが
いまだにインパクトあるんだよねえ。
ノド輪!しかも自分のチーム監督に、ですよ!
だって、浜口京子ちゃんが勝った時に、アニマルさんにノド輪するなんて
考えられないもんね。
でもこういう人がいると面白いよねえ。(やられる方は大変だけど。)
自分がビンス・マクマホンだったら、レッスルマニアのゲストに絶対呼びたい!

2006年ワールドカップ名場面↓
gatt.jpg

共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。