So-net無料ブログ作成

ファンキー審査員 [音楽]

『アメリカン・アイドル シーズン10』を見てます。
その理由は、審査員がスティーヴン・タイラーだから!

去年、1月からスティーヴンが審査員に起用されると知って
「おおー、これは楽しみだー♪」って思っていたのに
最近までOA日チェックをすっかり忘れてました。
でも1回目から間に合って、ロックの神様ありがとうですよ。

クリス・ジェリコのTwitter(自分はやってないけどいくつか見てる)に
"Steven Tyler is HILARIOUS on Idol."
(「『アメリカン・アイドル』のスティーヴン・タイラー、超ウケる!」って感じかな。)
と書いてあるのを見て期待してたんだけど、ジェリコりんの言うとおり!

スティーヴン、出場者がレイ・チャールズの "Hallelujah I Love Her So"を歌ってたら
机叩いてリズムとったり、手拍子したり、審査員なのに歌い出しそうなノリで
この人、歌が心底好きなんだなーって思ったなあ。
あと、発言にピー音がかぶさるのもウケる!
他の審査員 (ジェニファー・ロペスとランディ・ジャクソン)はないのに(笑)
Four letter wordを自在に操っているんだろうなー。

ジェニファー・ロペスは、落選させるのがツライわ〜って
困っている姿が微笑ましい。(さすがにヒドイ時は落とすけど。)
ハッキリ切りそうなイメージだったから、ちょっと意外。
夢持って参加してる人の気持ちが分かるから、ってことかな。

この番組って、有名だし、出身アーティストが話題になるから
存在は知ってたけど、今までちゃんと見たことなかったなあ。
出場者の自信に満ちた、自分が一番!な自己アピールがどうもニガテで。
自信があるのはいいんだけど、それが全面に出過ぎるとうるさく感じてしまうんだよねえ。
でも今回見てたら、アピール控えめ&歌上手な人が結構いたから、その点は大丈夫そう。
まあ、なんやかんや言っても一番楽しみなのは、スティーヴンの審査員っぷりだけどね。

クレオパトラの鼻があと1cm低かったら歴史は変わってた、と言うけど
スティーヴン・タイラーの口が小さかったら
ロックの歴史のファンキー度は変わってたと思う!


共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。