So-net無料ブログ作成

サマー2010(プログレって、万博。) [音楽]

8.8 NHK-FMの 『今日は一日プログレ三昧』 、聴きましたですよ。
夕方寝ちゃったり、買い物に出たりで抜けてる所もあったけど、13時間のうち、かなり聴いてたなあ。
疲れたら途中WWEでも見ようかと思ってたけど、午後はテレビのスイッチ全然入れなかったし。
CD持ってていつでも聴ける曲でも、ラジオから聴くと、新鮮というか、惚れ直すねえ。
Pink Floydの"Echoes"なんて、この曲入ってるアルバムごと、何100回と聴きまくってるのに。

「KestrelとCaravanとGongはCD買いたい!」
「Ashraのエレクトロニックは気持ちいいなあ、と思ったら、
マニュエル・ゲッチングだー。(自分は)そういうの好きなんだなあ。」
と、聴いたことなかったバンドもいろいろ聴けて、収穫あったのに
「あっ、イタリアならNew TrollsのConcerto Grossoも希望。」
「ジャーマンものをもっと聴きたかった!」(あまり知らないから勉強のために)
「90年代からIt Bitesもヨロシク。」などなど
欲を言ったらもう、キリがない、果てしない。それだけ奥が深いってことだなあ。

復習用にディスクガイドと、しばらく聴いてなかったCDをいろいろ引っ張り出し。
昔、伊藤正則の"Power Rock Today"という土曜深夜のラジオ番組を聴いていた頃、
明け方4時台にいろんなプログレをかけていて、それで知ったなあ、と思い出す。
PFMやQuella Vecchia Locandaなど、イタリアへの道はこの番組のおかげ。
フランスのTai Phongはキレイで、繊細なインパクトがあったなあ。今聴くとどう感じるかな。
100_3230.JPG

山田五郎が、プログレはサッカーの強い国が多い、的なことを言っていたけど、確かに。
イギリス、イタリア、ドイツ、フランス、オランダetc.南米もあるし。
この番組聴いたあと、他のロックに比べて、いろんな国が普通に並ぶプログレって、
一種の万博だなあ、と思ったわ。
関根史織ちゃんはもちろんJethro Tull愛を語っていて、ハマッって半年くらい聴き続けていたとか。
若い女の子をそんなに惹き付けるなんざ、スゴイぞJethro Tull!

King Crimsonの宮殿アルバム再現ライブがあったけど、始まる前は、
アルバム流しとけばいいのに、と思っていたら、音を聴いてブッ飛びました。
完コピに加えて、ライブのあたたかみ×ダイナミックさがあって、最後まで聴き入ってた。
演奏者のみなさん、ゴメンナサイ。「正直、スマン。」(by佐々木健介)ですよ!

もし2回目があったら、厚見玲衣のEL&Pを聴きたい!
アルバム単位でなくてよいので、キーボートが暴れてる曲を選んで弾いて欲しいなあ。

あとトークの時間に、ピーター・ガブリエルのかぶり物コレクション紹介もぜひ。
彼の勇姿(?)を知ってる人も、知らない人も
ラジオだとイメージがふくらんで、いいんじゃないかなー。
genesis.jpg

共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。