So-net無料ブログ作成
検索選択

タイトルデザインウォッチャー [映画]

映画を見る時、タイトルデザインが楽しみだったりする。
書体やバックのデザインに目がいくけど、出てくるタイミングも結構見どころ。
話が終わって最後に出てくるパターンもあるし。
『ソラリス』見た時、「あっ、タイトル最初に出てなかったなー」と。
『昭和残侠伝』シリーズの中に、タイミングがカッコイイのがあった。
話が少し始まってからタイトルが入るんだけど、そのタイミングに
シビレたんだよねえ。何作目かメモっておけばよかったなー。

スクール・オブ・ロック』のタイトルデザインは
Gジャンの背中やライブハウスのフライヤーに名前が書いてあって
雰囲気出てたなー、と持ってるDVDでそこだけ見たら
ライブハウスを歩く人の背中に映画会社名、
壁や扉に貼ってあるフライヤーに監督や主演の名前、
扉明けたら壁のネオンサインに映画タイトルでした。
久々に見たら、記憶より短かった!印象に残ってた分、もっと長いと思ってたのかも。

『キューティ・ブロンド ハッピーMAX』のアルバム風の
カラフルなデザインも可愛かった。(これは持ってないので記憶のみ。)
ヒッチコック映画のソール・バスや『007』シリーズのモーリス・ビンダーは言わずもがな。
日本映画だと『告白的女優論』は、女優陣の顔をモノクロにしたデザインがおしゃれで
DVD返却前に何度もリピートしたなあ。

最近、録画してあったイングマール・ベルイマン作品×3本を見たんだけど
そういえば、モンティ・パイソンの『ホーリー・グレイル』DVDで
テリー(・ジョーンズ)さんが、"予算がなかったからタイトルデザインは
ベルイマンの『第七の封印』みたいに黒地に白にした"的なことを言ってたなあ」と思い出す。
前に見た『第七の封印』のタイトルデザインは確かに黒地に白文字で
「おお、これかあ。」と思った覚えがある。

で、今回見た作品のうち2本(『処女の泉』『野いちご』)も
同じく黒地に白文字が並ぶだけのドシンプルさ。
でも物足りないとか味気ないとは全然思わなくて、
ここまで徹するとベルイマン・ブランドって感じがする。
モノクロ映画だから、ハマっているというのもあるし。
物語を見せたいからタイトルは凝らないのかなあ。
数ある作品のうちどのくらいこの路線なんだろ?

「残る1本=『秋のソナタ』はカラー作品だけど、タイトルは黒+白なのかな?」と
思いながら見たら、色ムラバックに文字が載っていて、
色はあれど、シンプル路線は変わってないなーと。
途中、文字が上にスクロールしていくんだけど、それがとっても動きがある感じがした。
もし、ベルイマンが存命中に『007』やピクサー映画を手掛けてても(まずありえないけど)
タイトルデザインは超シンプルで、動きはメチャメチャ少ない気がする。

ベルイマン作品って、マックス・フォン・シドーという俳優がよく出演しているんだけど
WWEエッジのおじいさんかと思ったよ。

max.jpgedge.jpg

共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。