So-net無料ブログ作成
検索選択

唇からJethro Tull [音楽]

thedig.jpg
『THE DIG presents プログレッシヴ・ロック』*
「プログレ特集には欠かせない難波(弘之)さんはプログレ界の淀川長治or蓮實重彦?」
「『TARKUS』のオーケストラ版があるんだー。聴いてみたい!」
「70年代のPink Floydってルックスに気つかってなさそうなのに、なんか雰囲気あるんだよねえ。」
「『THE DIG』、前はもっと厚かったなあ。」など、なんやかんや思いながら読んでたんだけど
一番面白かった記事は、関根史織ちゃんのインタビュー。
(彼女、Base Ball Bearのベースなんだー。『リンダ リンダ リンダ』でベーシストやってたんだー。
…と、プロフィールを読んで知る。)

24歳でプログレ好き(イギリス、イタリア、ドイツetc.と幅広い)
しかもJethro Tullファンってのが超渋い!
高校生の時に(デビューの頃かな)いろんな音楽を聴いてみようと
レコード会社にあるサンプルや処分されるCDをチェックしていた中から
ファンになったとか。その探求心が素晴らしいよねえ。

記事の中で特にオッ!と思ったところをいくつか。(「  」内引用)

「フルートってキレイで繊細なイメージだったんですけど。
すごく荒々しいし、ツバ交じり(笑)。」

ワハハハ! 特徴つかんでるなあ。
吹きまくり感がメチャメチャ伝わってくる!
ヴォーカルのイアン・アンダーソンのフルート&一本足奏法はインパクト大だよねえ。
フルートの概念を変えた男!
lwtp.jpg

「あの時代の音楽はアルバム1枚ごとに意味があったし、ジャケットもそう。
みんなが競って他にない音楽、良い音楽を作ろうとしていた情熱があったと思います。」

聴く人の世代を超えて、作品のパワーやオーラって伝わるんだなあ。
自分が20代の頃は、当時人気だったVan HalenやMotley Crueも聴きつつ(That's 80s!)
60〜70年代のCreamやLed ZeppelinやFreeが好きだったけど、
今はさらに年月が経ってるから、その分の時代のギャップがあるのかと思いきや
そんなことはないんだなあと。

「武道館で、ポップアップ(註:ステージ下から登場するタメの跳ね上げ装置)から
フラミンゴポーズで出てきたいです(笑)。」

おおー、そこまで心酔してるとは最高過ぎ!
ここまできたら、フルート吹くベーシストになって欲しいなー。
レコード屋巡りもしているというし、「関根史織はガチ!」ですよ。

『リトル・ブリテン』のキャラクターの中に
会話の途中でいちいち縦笛を吹く宿屋の主人がいるんだけど、
ray.jpg
このコント見た時、「なんかJethro Tullっぽいなあ。」と思ってたんだよねえ。
ヒントにしてるのかは分からないけど。
でもキャラ名=Ray McCooney(レイ・マックーニー)でyoutube見たら
シェフがフルート吹いてるのもあった!まさにJethro Tull!
Jethro Tullゴコロはイギリス人の血に流れているのかなあ。

Jethro Tullの音って、イギリスの森が思い浮かぶ。曇り空と霧の中の。
森のジャケットもいくつかもあるし。
あと、イアン・アンダーソンは、元祖・森ガールだと思う。
thiswas.jpgwood.jpg

共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。