So-net無料ブログ作成
検索選択

いい声過ぎる芋虫・イン・ワンダーランド [映画]

alice.jpg
『アリス・イン・ワンダーランド』を見ました。
主人公の女の子が現実と違うカラフルな世界に行って
いろんな冒険があって成長して戻ってくるところが
ティム・バートン版『オズの魔法使』って感じ。
3Dで見たからメガネ掛けた分だけ少し暗くなるから
DVDになったら2Dの時の色を見てみたい。

見終わったあとは、アリスより、マッドハッター(ジョニー・デップ)より、
赤の女王(ヘレナ・ボナム・カーター)がインパクトNo.1!
残忍な役なんだけど、その裏返して哀しい面もあるので、
クライマックスはアリスが活躍してスッキリというより
赤の女王にもう少し救いを残してもよかったような。
ストーリー的にはここが気になったけど
白ウサギやチェシャ猫のキャラクターや
カラフルなビジュアルはにぎやかで楽しかった。

ティム・バートン、奥さん(ヘレナさん)に強烈な役(赤の女王)あてて
ムチャ振りするなあ、と思ったけど、パンフレットで彼女のインタビュー見たら、
本人もやりたいって望んでたから、ノリノリな感じがしたのはそれかあと。
どこか憎めないユーモラスなところもあるし、ヘレナさん、Good Job!
(彼女はハリウッドの大竹しのぶって感じがする。)

自分のこの映画一番の目当ては、アリスでもジョニー・デップでもなく芋虫!
その理由は、声がアラン・リックマンだから☆
ネットで声の出演を知った時は
「え〜っ、声だけなのぉぉ?もったいないなあ。」と思ってたけど
リックマン氏は映画界で好きな声ランキングぶっちぎり第1位なので
声に集中して堪能できたから、ごちそうさまでしたって感じ。
いつか他の映画で主役級キャラクターの声あてて欲しいなあ。声いっぱい聞けるから。

家でパンフレット見てたら、マット・ルーカスの名前が。
…『リトル・ブリテン』の人だ!
小さなおデブな双子(トウィードルダムとトウィードルディー)が出てくるんだけど、
元のマットからかなり加工されてるから分からなかったよ!
DVDになったら、リックマン氏の声とマット・ルーカスの面影を中心に見ること確実。


共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。