So-net無料ブログ作成
検索選択

アナログ書籍・ネバー・ダイ [本]

グーグルやらキンドルやらiPadやら、電子書籍関連の話題をよく聞くけど
こういう本を見ると、アナログ本ならではだなあと思う。

アーヴィング・ペンの写真集『FLOWERS』*

flowers.jpg

以前見た時は、花のカラフルさが印象的だったけど
久々に見たら、枯れかけた花も撮っているところや
花の脈の精密さがいいなーと。
人間で言ったらシワも血管もきれいって感じ?
写真はデジタルだと見る側のマシンによって見え方が違うから
このゾクゾク感は写真集ならでは。
flowers-1.JPGflowers-2.JPG

写真集って、ただ写真を寄せ集めただけじゃなくて
サイズ、紙質、ハードカバーかソフトカバーか、
写真を並べる順番etc.全部ひっくるめて、1冊そのものが"作品"なんだよね。
写真家本人が存命中に関わったものは特に。(ペンは去年鬼籍に入りました。)
"家に帰るまでが遠足です"みたいなもんですよ。(違うか。)

戦後の日本を撮ったモノクロが味な
ワーナー・ヴィショフの写真集がCD-ROMで出てるんだけど、
やっぱり本で欲しいなあ、と思って未だ未入手。中古探索ですな。
写真集ってあんまり増刷されないから、いつの間にか中古価格が上がってたり
復刻版が出る作品も限られているのがネック。
アナログ本の魅力が伝わるのにねえ。

"写真集は手軽に買えるアート作品"と
何かの記事で読んでなるほどー、と思ったなあ。
となると、部屋に積まれた本の樹海も
アートの鉱脈に思えてきたりして。


共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。