So-net無料ブログ作成
検索選択

ロジャー・ディーンで脳内トリップ [本]

roger_dean_1.jpg

「Dragon's Dream ロジャー・ディーン幻想画集」*を時々眺めてるんだけど、やっぱり美しいやねえ。
(ドラゴンと言っても藤波さんのことじゃないワケでね。)
ロジャー・ディーンは、ロック好きの間では超有名なイラストレーター&デザイナーです。
ヒプノシスの捻りの効いたデザインと比べると
きれいなファンタジーって感じが物足りなく感じた時期もあったけど、
比べるものじゃなくて、やっぱりどっちも好きだなあ。

ヤス・ウラノ(DDT)のTシャツ、ロジャー・ディーンがデザインした
YESのロゴのパロディなんだよね。
rogerdean_2.jpg
yasu.jpg

画像を探していた時、DDTサイトでヨシヒコのTシャツがAC/CDなのを発見!(笑)
yoshihiko.jpg

(話は戻って)
この画集見てて思うのが、「これ手描きなんだよねえ。スゴイや。」
("Acrylic On Canvas"等のキャプションが付いているので
何にどんな画材で描いたか分かります。)
感心したのは、本物っぽさ・精密さよりも、絵から伝わる世界。
切り立った岩の狭間にいるような感覚や
ひんやりとした森の空気が頭の中に広がる感じがする。

デジタルの作品もあるけど、描いた物をスキャンして加工しているから
手で描くことは基本なんだなあ。
今度のディズニー映画(『プリンセスと魔法のキス』)も手描きアニメが復活してるとか。
デジタルを否定してるわけじゃなくて、それぞれのいい所が
活かされれば理想的だと思う。『トイ・ストーリー3』だって楽しみだし。

手描きに感動するってことは今の時代なんだなあ、と思う。
ミケランジェロだってカラバッジオだって手描きなんだよなあ、
と今さらながらに、人の手の力に感心。

"映画『アバター』がロジャー・ディーンの世界に似てる"、という指摘をいくつかのブログで見た。
友だちもリスペクトがないって怒ってたし。
ヒントにしている(かどうかは分からないけど)、宣伝とかでロジャー・ディーンのことに
全然触れてないからでしょうね。
映画は見てないけど、あの森っぽい感じや、空飛ぶトカゲ(?)みたいなヤツ、画集にあるし。
逆に『アバター』は見たけど、ロジャー・ディーンは知らない、という人に、彼の絵を知って欲しいなあ。

年末にBON JOVIのバイオ本を買いに行った時、なかったので、気になってたこの画集を買ったんだけど、 
他に欲しい本もあったのに、これにしたのは、現実逃避したかったからかも。
『アバター』見て現実世界がイヤになった人がいる、なんてニュースも見たけど
どっちも、別の世界へ連れて行ってくれる、という点では通じてるねえ。

昔買った洋書「VIEWS」*も引っ張り出して見てます。
views_1.JPG

Uriah Heep、Gravy Train、Greenslade、Osibia etc.
音は知らないけど絵は知ってる、という作品があるある。
それだけ名ジャケとして紹介されてきたのを目にしていた証拠で
印象的な作品が多いってことだなあ。
views_2-a1d93.JPG

共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。