So-net無料ブログ作成
検索選択

映画遺産 [展覧会]

france.JPG

『戦後フランス映画ポスターの世界』@フィルムセンターを先週見ました。
第1期が14日までなので見逃さないうちに。(第2期は2.17〜3.28)
こういうのは油断すると終わっちゃうからねえ。

戦後に出来た配給会社・新外映が日本に紹介した映画
ポスターやプレスシートが展示されてます。
知らない作品の方が多かったけど
当時の雰囲気を閉じこめたポスターを目の前にするのは楽しい。
写真より圧倒的に手描きが多いから、肖像画×商業ポスターのような印象も。
映画のポスターを見ている気分と
ロートレックやカッサンドルの作品を見ている気分が混ざった感じ。

2期はポスターが変わるけど(『太陽がいっぱい』やゴダール作品が登場)
プレスシートは2期もそのまま展示されるみたい。
『ぼくの伯父さん』のノベライズ本もあって
児童書みたいな装幀がかわいらしかった。

新外映に関してはあまり文献が残っていないそうで。
(自分はこの企画で初めて知りました。)
写真のカタログに載ってる、新外映に在籍していた秦早穂子さんの解説ページは
当時の背景や評判が書いてあって、時代を忍ばせて興味深いです。
『みどりの学園』は原題どおり『道草学校』の予定が
教育上よろしくない、と『青空教室』→『みどりの学園』になったとか。
今の時代から見ると、なんだか微笑ましいなあ。

『密告』のポスターは、「『イングロリアス・バスターズ』の中で映画館の
正面を飾っている」、というトリビアも。
(『イングロリアス〜』見てないからDVDが出たらチェックしてみようっと。)
こういう先人達がいるから、昔の映画やポスターが見られるんだなあ、
と今につながるありがたみを実感。

カタログの解説の文中に、新外映の社長・鈴木菘(たかし)の
プロフィールが書かれているんだけど、その箇所を読んだ時、
「うわー、映画みたい!」と思った。
(要約します)慶応卒業後、パリの大学へ経済を学びに留学→
下宿屋の娘と恋に→長男ができて結婚→経済より絵画に熱心になって
藤田嗣治のアトリエへ→卒業までに10年→妻子を捨てて日本へ→「時事新報」の
特派員としてヨーロッパへ→外務省に入る→社説「満州放棄論」を書いて
当局からにらまれ退社→社の機密をフランスに渡した疑いで逮捕→戦後、
帝国酸素の社長に→そして新外映の社長に
…この人生、マーティ・スコセッシあたりが監督したらメチャメチャハマりそうだよ!
濃い人間ドラマができるだろうなあ。


共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。