So-net無料ブログ作成
検索選択

ロック様、ぶっちゃけすぎ? [本]

therock.jpg
ロック様の自伝を読みました。(何年も前に買ってあったのを今頃。)
基本的に素のロック様=ドゥエイン・ジョンソン(本名)が語っているんだけど
後半からキャラのロック様が語っている章も出てきます。

自伝だから、子供の頃の話や、奥さんとのなれそめや、アメフト時代の挫折から
WWEへの道が書かれていて、いつの時も家族愛が深いことが印象的だったけど
読んでて一番食いついたのは、プロレスの裏側。
プロレスはシナリオ(打ち合わせ・取り決め)のあるワーク(仕事)だ、
という例をハッキリ語っていて、ぶっちゃけていいんですかい?と一瞬ビックリ。

WWEに入り立ての頃、オーエン・ハートと対戦した時、
彼が左腕にギブスをしていたので、気を遣って右腕を取っていたら、
オーエンは笑って、ギブスはギミックだから心配ない、左腕を取れと
アドバイスしていたり(やられている姿から反撃すると盛り上がるから)
ストーンコールドとお互いの決め技を返しあって
相手のスゴさを観客に伝えようと試合前に意見交換していたり。
今のファンはそういうのを分かって楽しんでいるけど、
これが昭和の時代に出てたらミスター高橋本ばりに物議を醸してたかも。
でも、ロック様の場合、暴露してるわけじゃなくて
お祖父さん・お父さんもレスラーだから
プロレスの仕組みを自然と知っていたんだよねえ。

「ロック様はプロレスラーだとは思っていない。
スポーツ・エンターテイナーだと思っている。」(byキャラのロック様)
の一言に、ロック様の、WWEスーパースターの姿勢が凝縮されてるなあと。

そのロック様、WWEを辞めて俳優に転身してだいぶ経つし、
今はすっかり映画界の人だもんねえ。
ジャンルは違えど、根っからのエンターテイナーなんだろうな。

共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。