So-net無料ブログ作成
検索選択

はじめてのロッド [ライブ]

3.14 ロッド・スチュワート@さいたまスーパーアリーナに行きました。
洋楽聴き始めた中学生の頃からファンだったのに、ライブ見たのは初めて。
あまり日本に来ない人だから、日本で見られるチャンスはないのかなあ、
と思っていたから、(お互い)生きてる間に見られてよかった!

オープニングではロッドのヒストリーを凝縮した映像が流れて
これがWWEのCMばりの派手でスピーディな編集でカッコイイんだわ。
最後に"RODFATHER"って、"GODFATHER"をパロディにした
タイトルとロゴで締め。芸が細かいねえ。

初の生ロッド、ダンディだったねえ。雰囲気も体型もイメージのまま。
あっ、歌声もね。

曲は、スローなのがいいなあ、と。
"Tonight the Night""First Cut Is the Deepest"etc.昔は地味に思えた曲が
今は光って聞こえるんだよねえ。
"I'm Sexy"とか"Hot Regs"あたりのアップテンポな曲は
目の前で歌ってるロッドには合わない感じがしたし(CDで聴くのは好きだけど)
自分も今のロッドにアップテンポな曲を求めてないんだなあ、と思った。
今回、FACESの曲は歌わなかったけど、スローな曲ならハマると思うから
次の機会があったら聴きたいなあ。

本編第1部の終わりの方で「ウチの娘も歌手なんだけど…」のMCで娘登場。
ロッドと一緒に歌うのかと思いきや、父ちゃん奥に引っ込んで
娘が1人で2曲歌っそのまま休憩タイム。
RODFATHERって、これだったのかい!と脳内ツッコミ。
ショーは休憩も入れて2時間で、娘の時間と
第2部ではコーラスの女性が歌ってた時間もあるから、
ロッドの実働時間は1時間半くらいじゃないかな。
体力の温存なのか、2時間動きまわるミック・ジャガーが超人なのか…。

ロッドの曲って、結構、他人の曲というかカバーが多いんだよねえ。
曲紹介で”This song by〜"って言っててあらためて気づいたよ。
この人の場合、彼が歌えばロッドの曲になっちゃうところが
one and onlyなヴォーカリストだよねえ。

いつか大会場じゃなくてBLUE NOTEとかCOTTON CLUBとか
Billboard LIVEとか(どれも行ったことないけど)
飲みながら聴ける、大人のライブハウス的な会場で見てみたいなあ。
ロッド、休憩中に客席で飲んでもいいから!

共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。