So-net無料ブログ作成

落語の夜 [ライブ]

6.7 立川談志・立川志らく 親子会@三鷹市公会堂を見に行きました。
落語は演芸場で何度が見たことがあるけどずいぶん昔だし
自分以外は仕事場の落語ファン3人(以下落語部と表記)だから
プロレスと違ってビギナー気分の参戦。
(チケットありがとうございましたm(_ _)m)

談志は知名度あるベテランで、その世界に詳しくなくても知ってるし、
プロレスで言ったらビギナーが見る長州みたいな存在でしょう、と勝手に繋げる。
レジェンドくくりってことで。
今回のように、師匠と弟子が登場する舞台を"親子会"と言うそうです。(初めて知りました。)

志らくの噺を聞いてたら、ところどころに他の噺家へのおちょくりが出てきて
「案外毒があるんだー、モンティ・パイソンみたい」
舞台ってテレビではできないネタも入れられるもんね。

最近の一発芸系の笑いって面白いと思えなくて
お笑い番組もうるさく&慌ただしく感じて見なくなったけど
落語はコメディ映画見てる感じに近くて、流れがせかせかしていないところが
気持ちいいなあ、と思った。
なだぎ武や芋洗坂係長みたいなストーリーのある笑いは好きだから
彼らは落語と通じるものがあるのかも。

落語って、ホント、扇子と手ぬぐいと噺だけの
ミニマムな要素で見せるなあ、と、今更ながらに感心。
衣装も大がかりなセットもGCもなくて、
情景やキャスティングを思い浮かばせてくれるもんね。
お客さんの頭の中にそれぞれ映画監督がいたはずデス。

落語部の男の子から「談志、ヤバイですよ。」と聞いていたので
どんな具合かと思ったら…確かにヤバかった!
あっ、この場合のヤバイは、今どきの"スゴイ""カッコイイ"じゃなくて、
正真正銘の"ヤバイ"です!
天国への階段が背中に見えそう、という。
落語部の皆さん、「今まで一番声出てなかった」って言ってたし。
でも、力のない声の向こうから、毒はバシバシ感じた!
生きてる間に見られてよかったー。
ビートたけし、高田文夫、太田光がリスペクトする存在だもんね。
自分のツッコミの師匠(と勝手に思ってる)高田文夫は
立川藤志楼として、落語のステージも人気もだったし。(本とCDでしか知らないけど)
藤志楼・談志の親子会、見てみたいけど、今からだと幻の競演だろうなあ。

共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。