So-net無料ブログ作成

FはフェイクのF [DVD]

この前買ったF-1のDVDを見たので感想を。
Formula-1じゃなくてFake-1ね。
コレ→http://blognumber93.blog.so-net.ne.jp/2008-03-05

テレビや生で見た試合もあるし、ネタは知ってるから、
最初に本編見た時はリアルタイムの強烈なインパクトには少し足りなかったけど
武藤・神奈月の副音声を聞きながら2度目見たら面白さ倍増!
お笑いとプロレスの共通点を語ってたのが興味深かったなあ。
ビッグマッチと地方の試合、テレビと営業の笑い、
それぞれ見せ方が違ってくるとか。

1戦目のイジリー@三沢、お客さん、のっけから大「三沢コール」。
さすがプロレスファンはシャレが分かるねえ。
イジリー、リングアナにコールされて手を挙げる→タイツを直す仕草が細かいっ!!
試合で相手と対峙した時、人差し指で汗拭く"ワイパー"も登場!
エルボーの威力は1億分の1だけど。
改めて気づいたんだけど、この試合の芸人勢、ノーしゃべりだったんだよね。

Fake-1ベルトが出来たのが2戦目、原口@蝶野&天山タッグ戦。
当時、蝶野と天山は敵対してたから、実はこの試合ならではのタッグ。
原口、芸人勢の中では一番運動神経がよかった。
もちろんモノマネ対決あり、技の掛け合いも健闘したり
この試合が一番完成度が高いなあと思った。
天山も神奈月から振られる陽水や新庄のモノマネに挑戦したり、
新日の試合じゃ絶対見られないって!
試合後のコメントも「蝶野とは組みたくなかったんだけどね」って
案外シャレの分かる人かも。

3戦目のダチョウ倶楽部・竜ちゃん@大仁田、
入場曲が別の曲になってたのがちょっと残念!
(権利関係で使えないんでしょうね。)
現場での大盛り上がりを体験した身としては、入場曲も含めてこそ
あの熱狂的興奮が伝わると思っちゃうんだよねえ。
登場した瞬間の会場の沸き方、あの熱気はスゴかったー!
リーダー肥後さんのジャンボ鶴田のマネ、武藤さん副音声でしきりに褒めてた。
でも竜ちゃん@大仁田はキモチワルイって(笑)
あのヘナチョコムーブがいいんだけどなあ。
メンバーの熱々おでんの誤爆、
さらにタッグパートナーの渕さんからも熱々おしぼりのダメ押しと、
お約束、いや、受けの美学の一戦でしょう。

4戦目のザ・たっち@健介w/北斗は
ザ・たっちの有体離脱ネタも登場したり
北斗の投げキッスでみんな(レフリー、セコンド含む)倒れたりと、
一番バラエティ色が強かった!
健介・北斗もバラエティで知られてるし
この試合はプロレス知らない人にもとっつきやすいんじゃないかな。
北斗のメイク、雰囲気出てるなあと思ったら
本人にやってもらったそうで、どうりで。

特典映像は、神奈月のライブから。
ハンセン、ブロディetc.数々のレスラーのモノマネと(前田日明は絶品!)
武藤さんがゲスト出演した模様と、プロレスものが入ってて
見終わった時、一瞬「あれ?コレ、神奈月のDVDだったっけ?」と思ったよ。(笑)

このF-1、一番楽しんでるのは、芸人勢、お客さん、
いや、絶対、武藤社長でしょう!
武藤@神奈月の動きに合わせてリングインする姿が
ホント、楽しそうなんだよねえ。
エンターテイナーとして、自分を楽しませるのも上手な人だなあ。

共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。